2007年02月15日

グロータース

「日本人はどうして国際人になりたい、と言うのか。国際的な知識をもっているから、もうすでに国際人なのに。 新聞をちょっと開いて見れば、そこにはヨーロッパのニュース・文学がたくさんのっている。またFM放送を聞けば西洋音楽がふんだんに聞ける。 皆さんは、西洋の文学を読むでしょう?西洋の音楽家の演奏だって、よく聞くでしょう? 日本人の西洋に関する知識は非常に豊富である。むしろ一般の西洋人より西洋のことをよく知っている。 日本人は国際知識が豊かだ。と言ったことはお世辞ではない。逆に、外国人の日本に対する知識はゼロである。いや、ゼロ以下と言ってもいい。極端な言い方かもしれないが、これから国際問題を解決するには、日本人よりも外国人のほうに責任がある」

「経歴」

W・A・グロータース(ベルギー・1911年)

「参考書籍」

それでもやっぱり日本人になりたい・ウィレム・A. グロータース(著)

「関連書籍」

banner_04.gif

posted by 日本人 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦後日本人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

グロータース

「では日本語の特徴はどこにあるのか。まず言語として非常に長い歴史をもっていることである(部分的には中国の言語と共通の歴史をもつ)。この非常に長い歴史は、たとえ使っている人が意識していなくとも、書き言葉や話し言葉の中にたえず浮かんでくる。文学のこの長い歴史のおかげで、日本語にはたくさんの類似語-一方は大和ことば、他方は漢語から-が生れることになった。この二つの言語の混合と調合によって、打ちとけたスタイル、改まったスタイル、荘厳なスタイルなど、きわめて多様な文体が生み出されたのである」

「経歴」

W・A・グロータース(ベルギー・1911年)

「参考書籍」

それでもやっぱり日本人になりたい・ウィレム・A. グロータース(著)

「関連書籍」

banner_04.gif

posted by 日本人 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。