2008年06月11日

ドヒョン1



「日本には、古く奈良時代から連綿として伝えられてきた「万葉集」がある。これには天皇から物乞いまでの和歌が収められているが、こんにちでも毎年、年頭に歌会始めがあり、あらゆる階層の人が宮城に集まって三十一文字の和歌をつくる。私は東京特派員時代、この行事をテレビで見て非常に感銘を受けた。森羅万象を見て感じるおのおのの情感や考えを、日本独特な文化言語であらわす、これがすなわち日本のエスタブリッシュメント形成に重要な役割を果たしているのではないかと感じたのである」


「経歴」

イ・ドヒョン(1933年・コリア生まれ)

「参考書籍」

北朝鮮化する韓国・イ・ドヒョン(著)

banner_04.gif

posted by 日本人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術・美意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。