2012年10月27日

呉善花

「日本人は、大きなスケールで物事を考えようとしないのではなく、スケールの大きな考えを容易に表現しようとしないのである。(略)つつましさを美徳とし、大言壮語をつつしむ倫理があるからだと思う。しかしながら、日本人のあいだでは「いわなくてもわかるセンス」が流通しているから、「あの人はつまらないことばかりいっているようだけど、実はスケールの大きな人なんだ」といった了解が成り立っている。 この了解を外国人にまで広げるには無理がある。この無理があるというところが、日本人の大きな弱点となってきているように思う」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)




posted by 日本人 at 23:59| 戦後日本社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。