2012年10月29日

呉善花

「「見立て」の文化を発達させてきた日本では、サイバー・ペットはオリジナルに強くこだわる韓国などの他の国ほど「驚くべきもの」でも「好ましからざる」おもちゃでもないのであろう。「日本発」ソフト・アニミズムの流れは、これからもいっそう世界への流出を激しくしていくに違いない」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)

「関連書籍」

神道からみたこの国の心・井沢元彦・樋口清之(著)

「関連商品」

Tamagotchi iD L ピンク (タマゴッチ アイディー エル ピンク)




posted by 日本人 at 08:42| 戦後日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

マニエル

「日本の野球は基本に優れている。キャッチボール一つとっても、しっかりしていて、ひとつひとつのプレーには、その基本が生きている。日本の選手は勝つための正しいゲーム運びをする。個々の力より、チーム一丸となって勝利に向かうための方法論をもっている」


「経歴」

チャリー・マニエル(アメリカ)

「参考書籍」

USAトゥデー

「関連書籍」
posted by 日本人 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦後日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

クラーク

「とくに飲み屋は、だれがはいってもいっしょに話ができるし、家族的なふんいきがある。飲み屋は日本文化のいちばんきれいな花なんですよ」

「経歴」

グレゴリー・クラーク(1936年生まれ・英国)

「参考書籍」

ユニークな日本人・グレゴリー・クラーク(著)

「関連書籍」

蔵元がすすめる飲み屋―出張する人のための・首藤 和弘(著)
posted by 日本人 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦後日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラーク

「文化という言葉は、広い意味でいえば「生活ぶり」なんです。そういう意味では、部族社会でも未開社会でも文化はある。文明とは進みきった文化といってもいいのですが、そういう意味でゆくと、日本の文明、つまり日本で洗練された文化、古い生け花とか歌舞伎とかは輸出できないでしょう。 しかし日本の文化は、すばらしい普遍性をもっています。というのは、それが原則ではなくて人間関係、心に基づいているからです。われわれ外国人に「心」がないと思いますか。もってるんですよ。さきに申し上げたように、アメリカの若者は、そういう新しい文化をいま一生懸命さがしています。そういうものが日本ではもう二千年前から存在しているということを、外国はまだ知らないのです」

「経歴」

グレゴリー・クラーク(1936年生まれ・英国)

「参考書籍」

ユニークな日本人・グレゴリー・クラーク(著)

「関連書籍」
posted by 日本人 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦後日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。