2012年11月05日

呉善花

「かつて山野に生きた人々は、平地へ下りて生活するようになると、山野を神々や祖先の住まう聖域として崇拝した。それ以来、人々は平地に山野の自然環境(聖地)を人工的に再生し内部化することに、執拗にこだわり続けてきた。そのこだわりが日本の庭の伝統を形づくってきたのだと思う。 もちろん、韓国人にもこだわりはあるし、中国人にもこだわりはあるに違いない。しかし、日本人がこだわるのは「山野の自然にまみれていたころの自分」であり、韓国人がこだわるのは「ようやく山野の自然から離れたころの自分」なのだ。 たぶん中国では、歴史的な高地人と平地人の対立から、山野の自然と平地とは厳然と区別されるべき対立関係を形づくるものであったし、韓国もまたその影響を強く受けて山野の自然を思った。しかし日本では、高地と平地の対立はきわめて穏やかなものとしてあったから、山野の自然からの分離感覚をはっきりと感じ取ってこなかった。そのあたりに、同じ東アジアの国でありながら、日本の庭園が韓国や中国とは異なる、独自の展開をとげた理由があるのではないだろうか」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)

「関連書籍」

共生の思想―未来を生きぬくライフスタイル・黒川 紀章(著)


日本文化私観・ブルーノ・タウト(著)





posted by 日本人 at 06:08| 日本人と特定アジア人(比較) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

呉善花

「韓国人や中国人には、自己と自我とがよく区別されておらず、自我を強くすることが自己主張だと思っているきらいがある。それに対して日本人は、どこか「無我」を理想として追求しようとするところがあり、そのため我執はことのほか卑しい態度と感じられている。近年、日本人のあいだに醸成されつつある「嫌韓」なるものの正体も、韓国人の強い自我主張に対する嫌悪の感情だと思う」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)

「関連書籍」

嫌「韓」第二幕! 作られた韓流ブーム




posted by 日本人 at 20:17| 日本人と特定アジア人(比較) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呉善花

「韓国・中国経済圏いずれの地でも、アイデンティティーの根拠が深く血縁集団に根ざしているため、非血縁の社会集団への帰属意識は日本人には想像できないほど低いものがある。社会不安が大きければ大きいほど、血縁しか頼るものがない、という意識を強くさせるのである」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)




posted by 日本人 at 05:22| 日本人と特定アジア人(比較) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呉善花

「中国、韓国いずれの場合にも共通するのが、「日本から援助を受けている」という立場に立ちたくないという意識である。これは、戦前の軍事行動と植民地化の問題にからむ反日意識よりは、周辺民族を文化的に遅れた蛮族と見なす、中・韓の伝統的な中華思想に大きく支えられたものだ。歴史的に夷族と卑しんできた日本から援助を受けているとは、自らの誇りを保つためにはなんとしても認めがたいことなのである」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)

「関連書籍」

怒りを超えてもはやお笑い!日本の中国援助ODA―誰も知らない血税3兆円の行方・青木 直人(著)





posted by 日本人 at 00:55| 日本人と特定アジア人(比較) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

呉善花

「日本人は心のどこかで、小さなことをコツコツと積み上げていけば、必ず立派なものになっていくということを信じている人たちだ。したがって、うまくいかないのはそうした努力が足りないからだと考えようとする人が多い。(略)中国人はそういうことをほとんど信じていないし、韓国人もそれに次いでいる。理屈としてはわかっていても、そうした方向に意識が向いていかないのである」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)




posted by 日本人 at 22:37| 日本人と特定アジア人(比較) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。