2012年11月13日

呉善花

「韓国人もまた集団的な協調関係が苦手な民族である。会社を頻繁にかわることでも彼らとよく似ている。韓国人にとっても華人にとっても、集団とは第一に血縁集団(宗教)であり、この血縁集団の維持・発展のためには、おおいに協調の力を発揮する。中国や韓国の農村は、歴史的にこうした血縁集団の内部で人々の情緒的な関係を育んできた。 この伝統からすれば、血縁の外での集団関係は、あくまで契約関係、制度上の関係なのであって、本当の意味での人と人との協調性を期待すべき関係ではない」

「経歴」

呉善花(1956年・韓国生まれ・評論家)

「参考書籍」

日本が嫌いな日本人へ・呉善花(著)





posted by 日本人 at 04:58| 戦後コリア社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。